【web小説】なろう系のおすすめ作品【2020年更新】

皆さんはなろう系小説読んでいますか?

なろう小説やWeb小説にハマっていて、通勤中、お風呂、寝る前など日常の隙間時間を費やし読みまくっています。続きが気になり過ぎて夜も眠れません。手軽に無料で読めて大量の作品があるのが素晴らしいですよね。

小説家になろうやハーメルンなどでWeb小説を読んでいて最大の悩みはどの作品を読もうか迷うこと。なろうだけでも全部で50万を超える作品があるので好みの作品を探すのはとても大変です。

この記事では私が読んだ中から人におすすめしたいと思ったなろう小説やWeb小説をジャンル毎にご紹介します。

ジャンルはほぼ私の独断で分けてます。

どちらかというと完結済みの作品よりも現時点で連載中の作品が多いと思います。

更新停止しているものもありますが、そのあたりは大目に見ていただけると助かります。

参考におすすめ度をつけています。

おすすめ度

  • ☆3:夜寝られなくなるくらい面白い
  • ☆2:仕事が手につかなくなるくらい面白い
  • ☆1:人に勧めたくなるくらい面白い

おすすめの漫画、なろう系が読める漫画アプリもこちらで紹介しています。興味ありましたらご覧ください。

関連

目次
スポンサーリンク

厳選!!私的おすすめTOP3

まずは個人的おすすめTOP3です。

☆3:学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、

「次、学力試験首席、ソーンマルクス=レック——」

それはソーマの誤算だった。判定機は「4ケタ」のレベルを確認できない仕様だったのだ。
ソーマはレベルを上げすぎたせいで誤判定され、問題児クラス「黒鋼」へと放り込まれることになった。

だがそこでへこたれるソーマではない。天稟「試行錯誤」を武器に貴族偏重の学園の意識をどんどん変えていく——。

ジャンル・キーワード:

R15、異世界転生、R15は保険、男主人公、スキルレベル

コメント:

腐りきった学園、落ちぶれた同級生を転生者の主人公が変えていくという王道的学園モノです。一昔前に流行った学園ドラマの雰囲気に近い内容で、転生者の主人公が貴族中心の学園を変えていきます。

雰囲気やキャラクター、設定はまさになろうな雰囲気なのですが、内容はとても新鮮。今まで読んだことがない作品でした。

問題もチートで解決というわけではなく、登場人物の努力で超えていくというスタンスにとても好感が持てます。ただし、チートはチートとして正しく機能していますので、チートなしの作品なわけでもありません。

いかにも俗物な主人公の言動・行動、登場人物との掛け合いにわくわくしながら、どんどん読み進めてしまうおすすめなお話です。

書籍の打ち切りは決まったらしいですが、今後も是非更新していただきたい作品であります。

20/3/31追記

がうがうモンスターでコミカライズスタートしたみたいです。

それに合わせてなろう本編でも完結してました。

お疲れさまです!!

感想・紹介

なろうの作品ページ

スポンサーリンク

☆3:その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。
前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。
現代知識も意味を持たず、転生者という立場も有り触れている。生まれた村はすでに限界村落。食べる物も着る服も将来への希望さえもなく、ただ生きる為の糧を求め奴隷同然の日々を過ごす。
日本の記憶も全て幻だったのではないかと諦めたその時、ある街の噂話を耳にした。
そこは、ありとあらゆる願いが叶う街。
そんな胡散臭い噂話に最後の望みを賭け、「せめて人間らしい生活がしたい」と低い志を抱え、少年は迷宮都市へと向かう……。

ジャンル・キーワード:

ハイファンタジー、ダンジョン、異世界転生、謎の超文明、チートしたい、俺TUEEEしたい、加速するインフレ、男の娘もどきもいるよ、40%、増殖するパンダ

コメント:

ハードな異世界に転生した主人公とその愉快な仲間たちが超文明のダンジョン「無限回廊」に挑む異世界転生もの。かれこれ4年ぐらい読み続けています。

とにかく登場人物が多くてめちゃくちゃ濃い。主人公は原始人、ヒロイン?は男の娘もどき、他にもパンダや裸族、サラダにオークが好きな女騎士などが登場しどたばたなコメディを繰り広げます。

ストーリーの中心となるダンジョン”無限回廊”とその周辺のスキルやステータスの設定もしっかり練り込まれていて、読めば読むほど唸らされます。話の合間には設定資料やその時点の登場キャラクターのステータスを資料室にて公開してくれるというサービス精神旺盛な作者さんに感謝。

バトルは迫力抜群。同時に多数の局面が展開する多対多のバトルが楽しめます。主人公と仲間たちが強敵をどうやって倒すのかという点に主眼が置かれていると感じました。

遠大な伏線、練りこまれたストーリーもこの作品の大きな魅力です。めちゃくちゃ広げた風呂敷を毎回キレイに畳んで来ます。「え!?これここからどうすんの!?」ってなっても最終的にはまとまってます。

更新は比較的遅めですが文章量が多くて読み応えがあります。

更新を待ちわびること間違いなしです。

なろうの作品ページ

☆3:異世界帰りの勇者が現代最強!

異世界に転移して勇者になった森下大樹は魔王を打倒して日本に戻ってきた。
しかし、実は日本の闇社会では(今時珍しい)学園異能バトルっぽい世界が広がっていたのだ。
これは現代日本でステータスやスキルを使い、異世界帰りの勇者が無双したりクラスメイトの異能者にパワーレベリングを施したりする物語である。

ジャンル・キーワード:

R15、残酷な描写あり、学園、異能バトル、主人公最強、大体ワンパン、ハーレム、ラブコメディ、コメディ、書籍化、コミカライズ

コメント:

異世界帰りの最強勇者が現代ファンタジーな闇社会で無双します。現実の闇社会は陰陽師、バチカン、魔法少女から忍者まで幅広く出てくるそんなカオスなローファンタジー。

転移先でエンディング達成済みな主人公は最強です。しかしなかなか戦えません、戦わせてくれません。それを乗り越えてようやく主人公が戦えた時の爽快感はピカイチです。

本作に登場するヒロインは個性派ばかり。その中でも阿倍野輝夜に注目です。このヒロイン、容姿端麗、文武両道なよくあるヒロインなのですが、その真の姿はぼっち、コミュ障、粘着質、毒舌家、メンヘラ、ジロリアンと残念な属性を複数抱える過激ヒロインです。

本作はそんな超個性的な過激ヒロイン阿倍野輝夜とそれに振り回される主人公を楽しむ作品でもあります。インパクト抜群なヒロインは一見の価値があります。

感想・紹介

なろうの作品ページ

漫画アップでコミカライズが無料連載中なのでそちらもおすすめです。

まだ連載開始したばかりで話数は少ないですが、本作の個性派ヒロイン達が超かわいく描かれています。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク

ハイファンタジー・異世界転生/転移

なろう系の大定番ジャンル。

めちゃくちゃ作品数が多いので、異世界転生・転移ものの中から特におすすめだったり、読んで面白かったものを3作品紹介します。

☆3:和風ファンタジーな鬱エロゲーの名無し戦闘員に転生したんだが周囲の女がヤベー奴ばかりで嫌な予感しかしない件

どうやら和風ファンタジーゲームの名無しモブに転生したらしい
……尚、ゲームのジャンルはエログロ上等な鬱ゲーである

ジャンル・キーワード:

R-15、オリ主、残酷な描写、転生、和風ファンタジー、妖、ヤンデレ

コメント:

ハーメルンの投稿作です。タイトルがめちゃくちゃ長かったので気になって読んでしまいました。

和風ファンタジーな鬱エロゲーの世界で名無しモブな下級戦闘員に転生した主人公の活躍を描く作品。

舞台はだいたい江戸時代と戦国時代の間ぐらいでかなーりダークな世界観です。

鬱エロゲー世界ということでなかなか凄惨なイベントが目白押し。脳みそプリンとか孤児院踊り食いとか字面だけで恐怖な文言が飛び交ってます。

もとが鬱エロゲーなので出てくる女キャラはみんなやばいです。

ほかっとくと勝手に闇落ちしたり、国を滅ぼしたり、主人公を妖にしようとしちゃう系ヒロイン達が大集合。

そんな女キャラ達に気に入られて振り回される主人公を応援しましょう。

感想・紹介

ハーメルン

☆3:限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー

絶望したときに見たのは、「あり得ないスキルオーブ」だった。

ホルダー「10枠」を使う【森羅万象】《ワールド・ルーラー》。

使える人間がいないことから研究者以外、興味を持たれない、規格外のスキルオーブ。

だけれど僕は、【森羅万象】を取り込むことができた——なぜか?
それは僕が「転生者」だったから。
僕には一般人の8枠+8枠、「合計16枠」ものスキルホルダーがあったから。

ジャンル・キーワード:

R15、異世界転生、主人公最強 (いずれ)

コメント:

学園騎士のレベルアップ、察知されない最強職の三上先生の最新作。

まさかの1日2話更新。新聞の連載小説か。すげえ嬉しい。

ハードでダークファンタジーな異世界で鉱山奴隷に転生した主人公が鉱山事故で主人が死亡し契約魔術が解除され逃亡。

転生者の特性で激レアスキルオーブを入手し、それを元に厳しい異世界で人格的にも能力的にも成長していくというお話です。

テンプレ要素多めと思いきや、その材料を生かした魅力的な登場人物と流れるようなお話が最大の魅力です。

章ごとに場所と仲間が変わりながら王道的なファンタジー冒険を繰り広げていきます。

感想・紹介

なろうの作品ページ

☆3:助けて! Goodfull先生!!

メタボリックな生活が災いして享年三十余年。グッバイ前世。ハロー今生。現代知識でチートしてやろうではないかと思いきや、現実問題、実用段階の知識なんて持ってませんでした。ニトログリセリン?どうやって作るのよ?ジャガイモって何処にあるの?透明ガラスの作り方?炭素鋼の作り方?そんなの知らないよ僕。
だがしかし、天は私を見捨てなかった。生まれは王族というチート職業。そして兄や姉はチートレベルの異能持ち、さぁこいチート異能よ我にも宿りたまへ……やっぱり天は我を見捨てました。異能をくださいませんでした。そして残念王子として避暑地に軟禁された我。このまま僕は腐って死んでいくのだろう、そう思い日々を過ごす中、天は見捨てたが、goodfull先生は私を見捨てていなかった!時代を重ね、サービスを拡充した先生はまさにデウスエクスマキーナ!!さぁ私の時代の始まり、いや、先生の時代のはじまりだ!!見ていろ異能者ども!!先生の御力の前に貴様等は平伏すのだ!!

ジャンル・キーワード:

異世界転生、オリジナル戦記、異世界、転生、中世、戦争、魔法、ハイテク、ファンタジー、SF

コメント:

すごく印象に残っている作品。

テンプレファンタジー多元世界に転生した主人公は異能を得られずがっくりするが、そんな彼の元に時代を重ね神に相応しき力(サービス)を得たGoo○○○先生が降臨するというお話です。

あらゆる状況を覆すGoo○○○先生のサービスに目が離せません。

過激な内容、詰め込まれた鉄板ネタ、疾風怒濤な掛け合いはかなり完成度が高いなろう系小説だと思います。

比較的短い完結済み作品なので、ちょっとした隙間時間にいかがでしょうか。

なろうの作品ページ

その他のおすすめ

その他にも私が読んで面白かった作品はこちらで紹介しています。

関連

ハイファンタジー・転生なし

こちらも定番の純粋なハイファンタジーものです。

その中でも異世界転移、転生がない作品の中から特におすすめな作品を3つ紹介します。

☆3:最低皇子たちによる皇位争『譲』戦 ~貧乏くじの皇位なんて誰にでもくれてやる!~

妾腹の第四皇子・四玄(スガン)は、責任とは無縁に皇子暮らしを享受できる今の状況を最高と考えていた。
 しかしある日、突然に皇帝から「次期皇帝になれ」と指名を受けてしまう。

 皇帝に付き纏う膨大な責任と激務を嫌悪した四玄は「なぜ兄たちにしないのか!?」と皇帝に尋ねるが、いたって冷静に皇帝はこう返すのだった。

「あいつらやる気ないから」


 ――こうして、やる気のない皇子四人の血で血を洗う継承回避の戦いが始まるのだった。

ジャンル・キーワード:

ラブコメ、中華風、皇位継承、コメディ、ギャグ、兄弟モノ、妹(捏造)

コメント:

自分を有能と信じながらも皇帝になりたくない皇子4人とその4人から皇帝に押されている捏造の妹が繰り広げるドタバタコメディ。

ボケの人数に対してツッコミが不足し、なかなかカオスな世界が繰り広げられています。

とにかく皇子4人の癖が強い。 4人全員ボケ。

脳筋、女狂い、後先考えない、圧倒的自分優位思考な皇子たちが起こすトラブル、奇行に笑いが止まらない。

全員どこか抜けているのになぜか自分が一番優秀だと思い混んでいるところは共通なのも笑える。

書籍化、コミカライズもしたとてもおもしろい作品です。

なろうの作品ページ

☆3:教会務めの神官ですが、勇者の惨殺死体転送されてくるの勘弁して欲しいです【連載版】

冒険中にパーティが全滅したら、教会で復活するよね。
あれ誰が復活させてるか知ってる?

俺だよ! 俺がやってんだよ!
毎日バラバラ死体繋ぎ合わせてるこっちの身にもなって欲しいよほんと!

ジャンル・キーワード:

R15、残酷な描写あり、日常系、コメディー、スプラッター、神官、勇者

コメント:

誰もが知ってる国民的RPGの名シーンを膨らませた愉快なスプラッターコメディです。

負のオーラを纏う主人公とハチャメチャな勇者達が巻き押す事件に爆笑を禁じえません。

事件の解決策は常にバイオレンスで、世紀末覇者も真っ青な世界観が笑いに更に拍車をかけます。

感想・紹介

なろうの作品ページ

マンガUPでコミカライズ版が連載中なのでそちらもおすすめです。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

☆3:底辺領主の勘違い英雄譚~平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件~

平民たちに媚を売りまくってたら、懐かれるのを通り越して『反逆者』に仕立て上げられたんだが。殺す気かな?

ジャンル・キーワード:

R15、残酷な描写あり、冒険、男主人公、ほのぼの、ギャグ、魔法、主人公最強、現地主人公、成り上がり、勘違い、コメディ、デミウルゴス教、ハッピーエンド、TS、性転換

コメント:

底辺領主が回復チートで勘違い無双なお気軽爆笑コメディです。

とにかく回復チートが凄すぎてNAISEIもバトルもこれだけでやってけることに驚愕。

文書のテンポ良くて読みやすくて、気がついたら全部読んでいました。

発表からわずか一ヶ月で書籍化がするほどの作品なので是非読んでほしい作品です。

2020年4月、ついに書籍版が発売されました。

内容もさることながらそれ以上にあとがきが最高に馬路まんじ先生してて最高でした。

こんなあとがき見たことない。

感想・紹介

なろうの作品ページ

その他のおすすめ

その他にも私が読んで面白かった作品はこちらで紹介しています。

関連

ローファンタジー

現実世界中心のローファンタジー、ダンジョンものです。

その中から特に面白かった作品を3つ紹介します。

☆3:ガチャを回すだけの簡単なお仕事

加賀智弥太郎、二十六歳、都内で営業職に就くサラリーマン。
仕事は厳しいがブラックというほどでもなく、それなりに充実した日々を送っていた。

しかし、平凡な日常はある日何の前触れもなく崩壊した。
彼は、過去に例のない規模の列車事故に巻き込まれた先でガチャを回す仕事を始める。

そんな唐突な話。

ジャンル・キーワード:

R15 残酷な描写あり ガチャ

コメント:

「その無限の先に」の作者様、二ツ樹五輪(*´∀`*)様の作品。

昔やってたTV、電波少年を彷彿させる懸賞生活ならぬガチャ生活。

裸一貫でスタートした主人公がガチャで入手したものだけで生活&ローグライクなダンジョン攻略をするという難易度Very Hardな内容です。

最初の方は登場人物が主人公、ガチャの神(幼女1号)、実況放送の神候補(幼女2号)以外はゴブリンぐらいしか登場しない。

なので基本的に主人公の独白でお話が進む。

ちょっと癖のある文体がひたすら続いていくので苦手な人もいるかもしれません。

ただ、その独特の言い回しやリズムは癖になったら辞められない面白さを持っており、合う人はめちゃくちゃハマる作品だと思います。

最近の更新ではその無限の先にで登場した無限回廊を彷彿とさせる設定や展開が出てきてます。

もしかしたらクロスオーバー展開もあるかもしれません。楽しみです。

なろうの作品ページ

☆3:ファンタジーキャンパス 学園魔法RPGのエリート系かませ犬に転生したけど、主人公に構わず真面目に過ごしてみる

恵まれた家系。恵まれた容姿。更には恵まれた能力を有しながら、それを一切発揮することのない最強不遇キャラ。
この不遇の原因はいくつかの地雷を踏むことによって引き起こされるのだが、取り敢えずその地雷を回避しながら過ごそうと思います。
特に、最大の地雷である主人公とは関わらずに生きていきます!

ジャンル・キーワード:

R15、異世界転生、魔法学園、RPG、モブキャラ転生、ゲームの世界、学園都市、ファンキャン、コメディ、金持ち主人公、物理が弱い、日常系

コメント:

脇役キャラ転生ものの中でも特に面白いなと感じました。 一言でいうと悪役令嬢ものの男性版。

出てくるキャラの個性が強く、それを活かしたギャグ展開もとっても面白くてスラスラと読めます。

恵まれた能力、容姿、環境からのまさかの超不遇キャラであった主人公が着々とリア充の道を歩んでいます。

学園生活、中華料理屋でのバイト、清掃ロボットと育む友情、謎の料理人修行と展開の幅が広くて読者を飽きさせません。

めちゃくちゃ面白くてすでに3回ぐらい読み返してる。更新が止まっているのがちょっと残念。

なろうの作品ページ

☆3:マジカル★エクスプローラー エロゲの友人キャラに転生したけど、ゲーム知識使って自由に生きる

日本の紳士の間で一世風靡した伝説の美少女ゲームがある。
それは『マジカル★エクスプローラー』通称マジエク、マジエロだ。

俺はこのゲームのチートじみた能力を持つ主人公に、それも美少女ヒロイン十二人といちゃいちゃする主人公に、アペンドディスク(追加パッチ)によってヒロインが二十四人に増えハーレムに拍車を掛ける主人公になっていた!…………なんてことはなく、その横でへらへら笑う三枚目になっていた。

ジャンル・キーワード:

R15、異世界転移、コメデ、 学園、元おっさん、バトル、魔法、エロゲ、美少女ゲーム、ツッコミどころ満載、主人公最強になる予定、マジエロ、多分ハーレム、マジエク

コメント:

戦略シミュレーションな美少女ゲーム世界のサブキャラに転生した主人公が最強目指して突っ走るお話です。

ゲーム知識や隠しダンジョン、限定アイテムやイベントなどゲーム系作品ならではのお楽しみ要素も盛りだくさん。

何より描写がとにかく丁寧で読み応えがある作品です。なんとプロローグに4話もかける徹底ぶり。

舞台はゲーム本編の学園編に突入し魅力あふれるキャラクターがどんどん登場しています。

作中世界も同じく広がりを見せており今後の展開が実に楽しみな作品です。

感想・紹介

なろうの作品ページ

その他のおすすめ

その他にも私が読んで面白かった作品はこちらで紹介しています。

関連:

SF・近未来・VRMMO

宇宙や未来を舞台にしたSFものです。

☆2:死にゲーみたいな現代で生きる一般不死身の怪物さん

気が付けば不死身の怪物となり紀元前の大地に立っていた主人公。のらりくらりと生きて、ちょっと擦れながらも現代日本に辿り着き文明社会を謳歌していたら気が付けば文明社会が滅んでた。

ジャンル・キーワード:

残酷な描写、転生、性転換、TS、ポストアポカリプス、コメディ、ヤンデレ、ゾンビ、一部掲示板形式

コメント:

不死身の怪物として膨大な時間を過ごす主人公がちょっと引きこもってたら人類滅亡真っ只中のゾンビパニックの真っ最中になっていた。

主人公と同じく不死な仲間たちが、めちゃくちゃ尊大な設定な上、長い生のおかげでかなり狂ってるのに、近年のネット文化に毒されてかとても親しみやすい人たちに見える不思議。

舞台設定が結構ねられていて、徐々に明らかになってくる事件の本質が気になる。

すごく中2な不死キャラたちの特殊能力も気になって仕方ない。

ハーメルン

☆3:「ブレイドスキル・オンライン ~ゴミ職業『サモナー』で最弱武器『弓使い』でクソステータス『幸運値極振り』の俺、いつのまにか『ラスボス』に成り上がります!~」

やたらと不幸すぎて目の死んでいる主人公・裕理は、VRMMOの世界で『幸運値』に極振りすれば幸せになれるんじゃないかと思い立ち、ユーリという名でゲーム空間に降り立った。
攻略サイトで最強と書かれていた『サモナー』のジョブと『弓』を手にし、さぁ冒険するぞと意気込んでいたのだが――実はその二つはとんでもない不遇職と武器だった!? 
さらに『幸運値極振り』も戦えるわけがないと馬鹿にされているステータスの振り方だと知り、三大不遇要素をかかえて絶望するユーリ(※しかもランダムキャラ作成で美少女に!)。
これは、そんな彼が意地と気合で『レイドボス』『野生のラスボス』『なんで初心者の武器で最強武器よりダメージ出してんの!?』『裏ボスが徘徊しないでください!』と言われるプレイヤーに成り上がっていく冒険日誌である。

ジャンル・キーワード:

異能力バトル、冒険、もふもふ、ざまぁ、勘違い、主人公最強、掲示板、不遇職、成り上がり、動画投稿、爽快感、目が死んでる、TS、憑依武器、ギャグ、ほのぼの、ライブ配信予定、モンスター作成、作って遊ぼう禁断生物

コメント:

またしても馬路まんじ先生の作品にハマり中。

新作が出るたびについつい追いかけちゃってます。

今回はVRMMOを舞台に、不遇系TS主人公が3大不遇要素をものともせずに、野生の魔王に成り上がります。

圧倒的なスピード感、怒涛の展開によってもたらされる爽快感がすごく気持ちいい。

なろうの作品ページ

感想・紹介

☆2:宇宙の魔女

どうやら私は、前世で人気だったロボットアニメ、宇宙戦士ギャンバインの世界にTS転生してしまったらしい。しかも最悪な事に、あと十数年で戦争に負ける未来が待っている国に転生するだなんて、せっかく転生したのにお先真っ暗じゃん! しかし幸いな事に、私にはコネがあったので、そのコネを使って上手く立ち回り、生き延びる事を目指すとしますか! ……彼女は知らない。後に彼女が、宇宙の魔女などと恐れられる事を、まだ誰も知らない。

ジャンル・キーワード:

R15、残酷な描写あり、異世界転生、スペースオペラ、TS、ロボット、パロディ、戦争、架空戦記

コメント:

大人気のロボットもの、ガン○ムのファースト風世界に転生したTS女児の大活躍。

ところどころ名前は違うけれど、どっかで見たことあるような人たちや機動兵器が出てきます。

純粋なファーストだけじゃなく、ゲームやアナザーものまでカバーしてて読んでて楽しい作品でした。

結構ぎりぎりをついた作品だなあと感嘆しました。

内容的にいい感じのハッピーエンドなところもお気に入り。

この世界では大本とはかなり違った感じで歴史が進みそう。

なろうの作品ページ

現代での日常系・スポーツなど

現代を舞台にした日常系やスポーツものです。

☆2:【連載版】タイムスリップしたストライカー~能力そのままで過去に戻った俺は、ライバルに勝てるのか?~

30歳目前にして念願のサッカー日本代表に初選出された遅咲きのストライカー『日向大輔(ひゅうが だいすけ)』は、負けたら予選敗退の危機的状況だったワールドカップアジア最終予選で待望の代表Aマッチデビュー戦を飾り、決勝ゴールをあげる活躍で一躍日本の救世主となる。
そして迎えた最終戦、同学年で一方的にライバル視していた日本のエース『香田圭司(こうだけいじ)』と同じピッチに立った。

しかし、プレイ中に突然意識を失ってしまう。

…そして、目が覚めると幼少期を過ごしたサッカークラブのピッチに立っていた…。

ジャンル・キーワード:

青春、タイムマシン、男主人公、現代、未来、タイムリープ、ライバル、サッカー、スポーツ、途中まで無双、苦悩、スポ魂、感動、能力引継ぎ

コメント:

遅咲きのストライカーが小学生時代にタイムスリップしサッカー人生をやり直すお話。

強くてニューゲームって憧れますよね。ただ、強くてニューゲームしても、努力を怠ればそれ以上の伸びは無いというのは自明の理なわけで。

この作品の主人公は凡人だったのですが、タイムスリップしたことで天才サッカー少年ともてはやされます。

天才と呼ばれても慢心せず、ひたすら努力を続け、高校生にしてタイムスリップ前の自分を超える能力値を身に着けます。

そんな主人公に追いすがるのはタイムスリップ前から主人公がライバル視していた天才。

強くてニューゲームの凡才と努力する天才はどちらがスゴイのか?

物語がどのような結末になるのかがとても楽しみな作品です。

なろうの作品ページ

【連載版】タイムスリップしたストライカー~能力そのままで過去に戻った俺は、ライバルに勝てるのか?~

☆2:アラサーのオレは別世界線に逆行再生したらしい

真崎幸星(30歳)は、後輩の結婚式の二次会が終わり店を出たところで、軽トラに撥ねられた。
身体だけ現行世界の逆行再生。
身体は15歳に戻ったのに何故か転生前と同じ年代。
当時いるはずのなかった家族の追加で、15年前とは違う家族との関わり。
学生時代ボッチでコミュ障だったのに、15年前とは違う高校生活をすることに。
コミュ障ボッチで陰キャだったアラサー男。
そんな彼の人生(青春)やり直し物語。

ジャンル・キーワード:

日常、青春、ホームドラマ、ラブコメ、ほのぼの、淡々系、イケメン義父、イケメン義兄、義妹は天使、別世界線逆行、やりなおし家族、やりなおし青春、気持ち飯モノ、男主人公、現代

コメント:

過去へのタイムスリップ、時間逆行もののおすすめ。

不幸な最後を遂げた主人公がほんの少しだけチートをもらって別の世界線へ転生、あまり関わりのなかった家族や周囲の人々と温かい交流を育んでいく日常系のお話です。

ほっこりできるのが日常系のいいところ。かわいい義妹、元気なイケメン義兄、新婚な義父と母が温かい家庭を築いていくのに読んでて幸せを感じます。

主人公に幸せになってほしくなる作品です。

なろうの作品ページ

スポンサーリンク

歴史IF

歴史浪漫モノです。

☆2:三国志の英雄にタイマン叩き込む! ~献帝が狂武帝と諡されるまで~

そして時代は「魏」「呉」「蜀」の「三国志」へと突入し、三匹の龍を争わせる。

ただ、気まぐれな天は、もう一人の龍を転生させてしまった。
名を「狂」。落ちこぼれチンピラの「狂」。

最底辺から最高峰へ。命知らずの帝王に。
もう献帝なんて言わせねぇ。
天上天下俺が独占!!!!!!!!

ジャンル・キーワード:

残酷な描写あり、ハードボイルド、IF戦記、時代小説、逆行転生、男主人公、中華、古代、成り上がり、三国志、後漢王朝、劉協、献帝、董卓、曹操、SD大賞1

コメント:

大抵の学校の図書館にもある三国志を舞台に、漢最後の皇帝に転生した現代の最底辺チンピラの活躍を描くIF歴史小説です。

馴染み深い英雄からちょっとマイナーな人物までアクが強い三国志の人物を個性的且つ魅力的に表現しています。

主人公だけでなく歴史の流れを描くスケールが大きいIF戦記もの。

感想・紹介

なろうの作品ページ

☆2:貴族になったが、未来がヤバかった

転生して貴族になったから、ヒャッハーしようと思ったら、未来は暗かった。
亡命しようと思ったが、家族はテコでも祖国から離れない。
仕方がないので何とか未来を明るいものにしつつ、色々と楽しもう――そんなお話。

ジャンル:キーワード

R15、残酷な描写あり、オリジナル戦記、IF戦記、転生、歴史、ドイツ、オリジナル展開

コメント:

2年間更新がなかったけど、更新再開して完結したので思わず紹介します。

主人公は第一次対戦前のドイツ貴族に転生。未来の苦難を知っているから最初こそ逃げ出そうとするものの心機一転、歴史を変えるために奮闘する。

主人公が近代的な技術や戦術、戦略知識を使ってチートするという知識チートのお手本のようなお話です。

主人公のチート知識で技術革新や世界の勢力図が変化していく様は歴史IFものの醍醐味を味わわせてくれます。

戦車や飛行機、戦艦など近代的な兵器に興味がある方におすすめしたい作品です。

なろうの作品ページ

スポンサーリンク

二次創作

漫画、アニメ、ラノベの二次創作ものの中で特におすすめな作品を3つ紹介します。

なろうは二次創作禁止なのでハーメルンです。

☆3:SAO~デスゲーム/リスタート~

3年以上の時間をかけてアインクラッドは全100層の攻略が成され、僅かばかりの生存者が現実世界へと帰還を果たした。
それから更に年月が経て、SAOのデスゲームを生き抜いた久藤 篝(くどう かがり)は仮想世界から離れた生活を送っていたが、ある事情によって再び仮想世界に赴く事となる。

そして、茅場晶彦の後継者と名乗る人物の手により、デスゲームが再び始まる。

仮想世界に再度囚われたSAOの生還者達。
デスゲームに呑まれて狂っていくルーキー達。
ゲームの範疇を超えた不可思議な出来事。

これは【黒の剣士】と呼ばれた英雄と【渡り鳥】と蔑まれた傭兵の物語。

元ネタ:SAO

ジャンル・キーワード:

R-15、オリ主、残酷な描写、クロスオーバー、IFストーリー、オリキャラ登場、物語進行はスローペース、フロムソフトウェア要素多数、ダークソウル、デモンズソウル、AC、その他ゲーム要素も有り、原作キャラ死亡

コメント:

私がハーメルンにハマるきっかけになった作品。

SAOを100層全てを攻略したというIFのもとに、フロムソフトっぽい新しいVRMMOでのデスゲームが開始。

主人公はSAOでキリトの相棒だったオリ主。

ダークファンタジーな雰囲気、主人公の特異性、常に難易度鬼なギリギリバトルが本作の魅力です。

文章量も多いのでかなり長い時間楽しめます。

ハーメルン

☆3:コンスコンだけど二周目はなんとかしたい

俺の名はコンスコン! ドズル中将麾下の機動部隊司令官! だけど連邦の化け物MSの前に全滅、したはずだ。しかし気が付くと目の前のスクリーンにはドズル中将…… まさか、出撃前夜に戻っているのか…… ならばやることは一つ! と言いたいけど実際どうしよう?

元ネタ:機動戦士ガンダム

ジャンル・キーワード:

ガンダム、コンスコン、時間遡行、ジオン、ご都合主義、ハッピーエンド、キャラ崩壊

コメント:

なんとなく覚えているけどあんまりよく知らないファーストガンダムのコンスコンさんの2周目。

本編ではさくっと退場しちゃうキャラだけど、よくよく考えてみるとかなり特殊な存在であるコンスコンさんを主人公に一年戦争を描き切ります。

主人公がコンスコンって時点ですでに面白い。

たかが艦隊司令官と侮るなかれ、常勝不敗の英雄コンスコンの活躍に期待。

見どころは艦隊戦と戦略パートとアナベル・ガトー。

なにげに出会う女キャラ全てとフラグを建てる鈍感系主人公のアナベル・ガトーさんからも目を離せない。

ハーメルンのページ

☆3:加古望特製殺人炒飯被害者の会のLINE模様

元ネタ:ワールドトリガー

ジャンル・キーワード:

ワールドトリガー、台本形式、キャラ崩壊

コメント:

ワールドトリガーの表紙で明らかになったが作中で描写がまだない加古チャーハンをネタにした作品。

被害者のグループラインの会話で話が進むのですが、とても小気味よい流れが素敵。

キャラ崩壊気味ながら、予想外の展開で楽しませてくれます。

まさかのカップリング、付き合うまでの流れが個人的につぼ。

ハーメルン

その他のおすすめ

その他にも私が読んで面白かった作品はこちらで紹介しています。

関連

短編

時間がなくても手軽に読める短編です。

☆3:私が発火と唱えると、隣の黒子がマッチを擦る

転生したら、黒子が頑張って魔法を実現している人力魔法世界だった。何言ってるんだお前って?大丈夫、私も毎日、目を擦ったり頬を叩いて確かめてる。そんな、黒子に驚いたり怒ったりツッコんだり嘆いたり、魔王と呼ばれたり勇者に出会ったりして、色々ちょっとありすぎじゃない?と思う私の物語。

ジャンル・キーワード:

異世界転生、ギャグ チート、女主人公

コメント:

内容はタイトル通り。魔法=黒子の人力な異世界で、魔力が見える主人公と黒子の掛け合いコメディ。

良くある異世界転生に一つの変わった視点を加えることで全く違う種類の作品に昇華箚せられています。

主人公の魔法を黒子がどうやって実現するかの苦労、ちょっと冷めた主人公と頑張り屋な黒子のシュールギャグに爆笑できる作品です。

なろうの作品ページ

☆1:人類を滅ぼすシミュレーションゲーム

ざぁざぁと雨の降る夜だった。

俺がゲームアプリケーションを起動すると、軽快な音楽と共にゲームのオープニングが流れ始めた。

最近新しく発売されたゲームで、インターネットでも話題の作品、そのタイトルは「人類を滅ぼそう!」である。

このゲームには、小さなカラー用紙が同梱されていて、そこには簡単な遊び方が書いてあった。

ジャンル・キーワード:

日常、ゲーム、現代

コメント:

人類を滅ぼすシミュレーションゲームを始めた主人公の奮闘を描く短編。

短くてさくっと読める作品で、まさに短編で有ることを活かしきったお話です。

落ちは皮肉が聞いていて、どことなく星新一のショートショートを彷彿とさせます。

なろうにもこういうのがあるんだなあと思った一作です。

なろうの作品ページ

最後に

本日は私が人におすすめするなろう系小説を紹介しました。

面白い作品はたくさんありますが、敢えて好きな作品を選ぶとするならばこんな感じです。

個人的なろう系おすすめランキング

  1. 学園騎士のレベルアップ! 〜 レベル1000超えの転生者、落ちこぼれクラスに入学。そして、
  2. その無限の先へ
  3. 異世界帰りの勇者が現代最強!

このブログでは漫画や海外ドラマなどのおすすめ作品も紹介しています。

もし興味がありましたらご覧ください。

スポンサーリンク