【なろう感想】ブレイドスキル・オンライン

またしても馬路まんじ先生の新作にハマりました。

今度の舞台はVRゲーム。相変わらずのスピード感と勢いにすっかり夢中。

「ブレイドスキル・オンライン ~ゴミ職業『サモナー』で最弱武器『弓使い』でクソステータス『幸運値極振り』の俺、いつのまにか『ラスボス』に成り上がります!~」の感想と紹介です。

ネタバレも少し含みます。

スポンサーリンク

作品の感想

馬路まんじ先生の書かれる作品はさくさく読めて圧倒的なスピード感とインフレ具合が本当に気持ちいい。

随所にあふれるパロディやお約束についつい笑ってしまい、熱いバトルに思わず手に汗握る。

そして時折出てくる狂気と勘違いっぷりに爆笑してしまう。

今作はVRMMOが舞台なのでどんな感じかなと楽しみにしながら読みましたが、いつどおりの面白さでした。

今回の主人公は不遇系TS成り上がり魔王様

主人公のユーリ様の特徴

  • 不幸な人生に悩みVRMMOで幸運極振りで幸せになりたい
  • 男らしいキャラを望むも、キャラエディットランダムで超絶美少女に
  • ガセ情報に流されジョブ・ステ振り・武器が全て不遇な3重苦
  • センスは一昔前のチンピラヤンキー
  • かなり思い込み激しい

今回の主人公もなかなかぶっ飛んでます。

設定とかだけならばテンプレート的なものを感じるのですが、作品を読んでると狂気系勘違い主人公だなと感じます。

サモナーなのに自分で戦いたがったり、武器弓なのに接近戦が好きだったり、自分が正義側だと思い込んだり。

そんな主人公がやけに働く悪知恵と幸運パラメータで全てを乗り越え成り上がっていく姿が実に爽快。

スポンサーリンク

王道的な展開・設定ながらも圧倒的な勢い

作品の設定自体はとてもオーソドックス。

VRMMO、不遇職からの最強、TS主人公、不幸主人公とか結構やり尽くされてるんじゃないかなと思います。

そんな素材でも馬路まんじ先生にかかるとこんなに印象的な作品になるのに驚きです。

オンリーワンなセンスを感じます。

憧れます。

やっぱりすごいのは勢いかな。

サクサクサクサクどんどん強くなる展開、1部のスキンヘッドとの最終決戦、2部のNPCの反乱で、雪崩的にお話が加速していくのですが、その圧倒的な加速度が実に気持ちいい。

底辺領主、貧乏聖女もとても面白かったけど、個人的にはブレイドスキル・オンラインが一押しです。

なろうの作品ページ

作品の概要

スポンサーリンク

ジャンル・キーワード

VRMMO

異能力バトル、冒険、もふもふ、ざまぁ、勘違い、主人公最強、掲示板、不遇職、成り上がり、動画投稿、爽快感、目が死んでる、TS、憑依武器、ギャグ、ほのぼの、ライブ配信予定、モンスター作成、作って遊ぼう禁断生物

あらすじ

やたらと不幸な人生に苦しんでいた裕理は、VRMMOの世界で『幸運値』に極振りすれば幸せになれるんじゃないかと思い立ち、ユーリという名でゲーム空間に降り立った。
攻略サイトで最強と書かれていた『サモナー』のジョブと『弓』を手にし、さぁ冒険するぞと意気込んでいたのだが――実はその二つはとんでもない不遇職と武器だった!?
さらに『幸運値極振り』も戦えるわけがないと馬鹿にされているステータスの振り方だと知り、三大不遇要素をかかえて絶望するユーリ(※しかもランダムキャラ作成で美少女に!)。
これは、そんな彼が意地と気合で『レイドボス』『野生のラスボス』『なんで初心者の武器で最強武器よりダメージ出してんの!?』『裏ボスが徘徊しないでください!』と言われるプレイヤーに成り上がっていく冒険日誌である。

引用元:ブレイドスキル・オンライン ~ゴミ職業『サモナー』で最弱武器『弓使い』でクソステータス『幸運値極振り』の俺、いつのまにか『ラスボス』に成り上がります!~

スポンサーリンク