【なろう感想】貧乏令嬢の勘違い聖女伝

底辺領主の勘違い英雄譚の作者様、馬路まんじ先生の新作が開始してました。

前回と同じくハイテンションな勘違い異世界ファンタジー、貧乏令嬢の勘違い聖女伝 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?~の感想と紹介になります。

ネタバレも少し含みます。

関連

スポンサーリンク

作品の概要

ジャンル・キーワードとあらすじになります。

ジャンル・キーワード

ハイファンタジー

R15、残酷な描写あり、身分差、年の差、冒険、ラブコメ ギャグ、バトル、魔法、逆行

スポンサーリンク

あらすじ

あらすじです。

生活苦から冒険者になることになった貧乏令嬢のソフィアは、ある日ダンジョンの奥で命を落としてしまう。
しかし、なぜか気付いたら生まれたときに戻っているのだった。

「今度こそ、いっぱい儲けて人並みの生活を手にして見せる!」

そんな切実な理由で自分磨きをしていたら、なぜか次々と王子様たちが集まってきて……!?

引用元:貧乏令嬢の勘違い聖女伝 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?~

作品の感想と紹介

前作の底辺領主の勘違い英雄譚ではその圧倒的なスピード感と意外性のある展開で爽やかな笑いを提供いただきました。まさか回復チートであんなことができるとは思いもよりませんでした。

そんなわけで今作の貧乏令嬢の勘違い聖女伝も期待して読んでいます。

お話は、貧乏令嬢の冒険者が不遇の後死に戻り。今度は幸せになるんだと努力を繰り返すも、周囲の勘違いの末、再び冒険者に・・・。と言った具合。

今後はどんな展開で聖女に成り上がるか、どうやって王族ハーレムを構築するのかがととても楽しみです。

今のところの感想はこんな感じです。

  • 前作より展開・表現がマイルドだけど今後はどうかな
  • 正統派努力型主人公、パーフェクト・ソフィアちゃんがいい
  • 周囲の勘違いっぷりは相変わらずで笑える
  • ストレスなく読める軽快な文章が相変わらず素敵
スポンサーリンク

前作より展開・表現がマイルドだけど今後はどうかな

底辺領主の勘違い英雄譚ではかなり刺激的な内容や表現がありました。その狂気も作品の魅力の1つだったのですが、今作ではそれが少し抑えられているように感じます。なのでより安心して読める作品かなと。ただ、R15のタグは健在なので、今後はもしかしたらどんどん過激になる展開もありうるかもしれません。個人的にはそういう方向をちょっと期待しちゃってます。

正統派努力型主人公、パーフェクト・ソフィアちゃんがいい

そして今作の主人公、未来の聖女・ソフィアちゃんもとても好感度高し。自分のことしか考えてない自己中心キャラに見えつつも、なんやかんで周囲に優しいんですよね。

周囲の勘違いっぷりは相変わらずで笑える

勘違い展開も相変わらず笑わせてくれます。ソフィアちゃんを冒険者にさせるための周りの人の嘘に爆笑。「メイドを雇ったら父さん持て過ぎちゃってお前の弟か妹が6人ぐらいできるんだ」「男しかかからない流行病で税が収めれません」とかなんでそれを信じる。やはりソフィアちゃんは聖女か。

ストレスなく読める軽快な文章が相変わらず素敵

後、やっぱり馬路まんじ先生の文章ってすごく読みやすいんですよね。リズム感か、言葉の選び方なのか理屈はわかりませんが、スラスラと読めちゃう。更によく読むと王道展開やパロディがいろんなところにあるんで本当に楽しく読めてしまう。

本当に今後の展開が楽しみな作品です。

なろうの作品ページ

スポンサーリンク