【なろう感想】職業、呪殺師 敵が勝手に死ぬので最強です。

「職業、呪殺師 敵が勝手に死ぬので最強です。」の感想です。

ネタバレも少し含みます。

スポンサーリンク

作品の概要

概要です。

ジャンル・キーワード

ローファンタジー・ダンジョン

R15、日常、冒険、最強、ほのぼの、ギャグ、男主人公、和風、学園、現代、職業もの、ハッピーエンド

スポンサーリンク

あらすじ

世界にダンジョンがあらわれて30年、冒険者が勝ち組職業として認知される世界。
高校生の主人公も当然の如く冒険者に憧れる。
そして冒険者登録をした主人公に与えられた職業は、『呪殺師』。
物騒な名前だが、戦闘職だと浮かれる主人公。
この世界初のユニークな職業はその名が示す通り、敵を殺す事に特化した職業だった。
近づくと敵が勝手に死ぬため、本人の意思とは無関係に最強になってしまった主人公。
だが、人はそんなに簡単には変わらない。
これは最強の力を手にしながら、お馬鹿に日常を生きる男の物語である。

引用元:職業、呪殺師 敵が勝手に死ぬので最強です。

作品の感想

ずっこけ3人組な主人公パーティ3人の掛け合いが楽しいローファンタジー作品。

序盤こそ最強主人公のダンジョン攻略を淡々と書かれていて「単調かな」と思っていたのですが、新キャラが出てきてから面白さが加速します。

何故か小人な元S級冒険者で仕事をしないおっさん、現代のネット文化にやられつつあるペット枠のカラス、1000人に振られてもめげない奇跡メンタルな加藤くん。

そんな癖の強いキャラクターが出てきてカオスな空間を作り出している。ややボケ偏重気味で収集がつかない匂いを感じますが、だからこそ生まれる楽しさ。すごく面白い。

読んでいて綿密な設定を感じさせるのですが、それらより作品のライブ感を重視しているように思います。

次の展開が読めないので「こいつら次は何をやらかすのかな?」と登場人物たちの奇行に期待しちゃう。

更新も早いので毎日続きが楽しみな作品です。

なろうの作品ページ

職業、呪殺師 敵が勝手に死ぬので最強です。

スポンサーリンク