【漫画感想】TIEMPO-ティエンポ-のサッカー描写は結構好き

ヤンジャンで連載していたサッカー漫画、TIEMPO-ティエンポ-の感想です。

感想を一言でいうと僕が考えた最強のポゼッションサッカー

煽ってません。

展開は遅めながらも非常に丁寧かつロジカルにサッカーシーンを書かれていてとても面白かったです。

既に連載は終了しているのですが、終わるのがもったいないなと感じた漫画です。

スポンサーリンク

TIEMPO-ティエンポ-のあらすじ

泣き虫フットボリスタが奇跡を紡ぐ、熱き高校サッカー物語開幕!! 中学校からサッカーを始め、それなりに充実した日々を送っていた瀬戸柚樹。しかし、サッカー部に1つ年上の朝美圭右が入部したことで、事態は一変。「叱責地獄」の毎日が始まることになり……!?

引用元:となりのヤングジャンプ

物語の主人公は、気弱なサッカー少年の瀬戸柚樹と俺様ストライカーの朝美圭右。

柚樹少年の中学校サッカー部に県内でもトップクラスのクラブチームでエースだった朝美先輩が入部してきたところからお話が始まります。

瞬く間にサッカー部の独裁者になった朝美先輩に怒鳴られまくりおもらしを繰り返す程恐怖する柚樹少年。追い詰められた柚木少年は朝美先輩に怒られないようにするため、徹底的に朝美先輩の動きを研究し始めるのでした。

こんな感じでお話が始まります。

1話で主人公2人のキャラクターと関係性を説明し、2話以降の高校での部活動がお話の中心になります。

入った高校はスポーツ漫画定番の「最近頭角を表し始めた新設校」。

TIEMPO-ティエンポ-の感想

感想はこんな感じ。

  • 登場人物は好みが分かれそう
  • サッカーの戦術に対するこだわり
  • ロジカルなチーム戦術と変態個人技の融合
スポンサーリンク

登場人物は好みが分かれそう

登場人物は良くも悪くも好みが分かれそう。

個性的なキャラクターを描こうとしているのだけどちょっとアクが強すぎる。

主人公の柚樹少年は気弱な泣き虫キャラで追い詰められると明らかにヤバイ行動を取り始める。朝美先輩はHIP-HOP好きな俺様キャラ、というかただのコミュ障。

主人公がお漏らしするのはちょっとやりすぎだと思うし、口を開けば「ダムアス(馬鹿野郎)」と連発する朝美先輩も少し不快。

他にもコスプレ好き?な主人公のお母さんとかいかにも理論はなメガネキャプテン、脳筋福キャプテンとか出てくるけど、いかにもなキャラクターが多くて、苦手な人も結構いるんじゃないかと思いました。

サッカーの戦術に対するこだわり

作者さんのサッカー戦術に関するこだわりを感じる。

主人公が入学する高校は、スペインで幼少期を過ごしたキャプテンの元、ポゼッションサッカーに挑戦しています。その戦術レベルはとても高く、ユースや全国常連校の所属するリーグでも見たことがないほどのレベルみたいです。

で、その戦術の説明やそのための練習で作品のほとんどが占められています。

プレ的な中学時代の試合は除き、初の対外試合が始まるのがなんと3巻から。そしてこの試合は5巻まで続きます。このペースではいつ公式戦が始まるのかなと思っていたら連載終了しちゃってましたね。

スポンサーリンク

ロジカルなチーム戦術と変態個人技の融合

試合描写はかなり丁寧。

特に印象に残ったのがロジカルなチーム戦術と変態個人技の融合です。主人公の所属する高校はロジカルなサッカーを突き詰めているのですが、要所要所では個人技での打開を積極的に狙ってきます。

特に朝美先輩と柚木少年がヤバイ。

朝美先輩の踵落としシュートや柚木少年の後出しじゃんけんドリブル等、目一杯がんばってくる。高度なチーム戦術と変態個人技の融合が本作最大の魅力じゃないかと思います。

連載終了したけどアプリで続きが読める!!

打ち切りで連載終了かなと思っていたのですが、どうやらヤンジャンのアプリで続きが読めるみたいです!!

 

ヤンジャン!集英社の有名青年漫画が読めるマンガアプリ

ヤンジャン!集英社の有名青年漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク