【私的ランキング】マクロスシリーズ最強パイロット

歴代マクロスシリーズに登場したパイロットを勝手にランキングしちゃいます。

時代も違えば機体も違うので単純な比較はできないと思いますが、私が見た感じで勝手にランキング付けしてます。

スポンサーリンク

1位 エイジス・フォッカー

主な登場作品:

  • マクロス VF-X2【ゲーム・PS】

主な搭乗機体:

  • VF-19 エクスカリバー
  • VF-22 シュトゥルムフォーゲルIIなど

概要:

プレイステーション用ゲーム「マクロス VF-X2」の主人公。統合軍航空宇宙士官学校を優秀な成績(学科は中の中、実技はトップ)で卒業。配属4年で少尉から大尉まで昇進し、バルキリー部隊の隊長を務める。その後、特務部隊レイブンズに配属されたところからゲームは始まる。

天性のセンスと技術を併せ持つ天才パイロット。自由奔放な熱血漢で熱くなりやすいところもあるものの、戦い抜く中で成長し、冷静さと優しさを併せ持つ頼れる部隊長になる。

「敵より先に女を落とす」と言われるほど女好き。

マクロスFのオズマ・リーとは先輩後輩の関係、同じ苗字のロイ・フォッカーとの血縁関係は明らかにされていない。

 
ごめん、完全に個人的な主観で選んだんだ。
ゲームで無双してた印象しかないんだけど、2年間で100機撃墜した設定は異常だと思う。

2位 マクシミリアン・ジーナス

主な搭乗作品:

  • 超時空要塞マクロス【TV版】
  • 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか【映画版】
  • マクロス7【TV版】

主な搭乗機体:

  • VF-1 バルキリー 【初代TV版】【初代映画版】
  • クァドラン・ロー【初代映画版】
  • VF-22S シュトゥルムフォーゲルII【7】

概要:

超時空要塞マクロスで主人公・一条輝の部下として登場。ヨーロッパ地区出身の18歳。初代だけではなく複数のシリーズに登場しており、初代ではパイロット、7ではマクロス船団の船団長として登場。Fでも登場している様子が見られる。

元祖天才。初代主人公を凡庸な存在として描くために極限まで高められた天才。不慣れな機体で初出撃時に7機撃墜するなど主人公まがいの活躍をする。船団長なのに指揮は参謀に任せ、バルキリーで出撃するなど常識では計りきれない天才。

ゼントラーディのエースパイロット、ミリア・ファリーナと人類初の星間結婚をする。やっぱりこいつが主人公じゃねえかと思ったのは私だけではないと思う。しかし、7では夫婦中は冷め切っているようで、さすがの天才も女性の扱いまで完璧ではなかったことに少し安心した。

Fの時代では70歳近い高齢なものの全盛期の容姿と能力を保っているそうで、実は吸血鬼なんじゃね?と個人的に思っている。

 
マックスは何故強いのか?天才だからです。
マックスが最強っていうのが定説だよね。
スポンサーリンク

3位 イサム・アルヴァ・ダイソン

主な登場作品:

  • マクロスプラス【OVA版】
  • マクロスプラス MOVIE EDITION 【映画版】

主な搭乗機体:

  • VF-11B サンダーボルト
  • YF-19

概要:

新型可変戦闘機 YF-19のテストパイロット。幼少の頃より大空に憧れを持ち、ハイスクールでの事件を契機に出身惑星を離れ新統合軍に入隊する。その後、腕は超一流だが性格に難が有り、軍規違反を繰り返し、統合軍内をたらい回しにされていた。

度重なる軍規違反で全て剥奪されたものの、 一流パイロットの証である「ロイ・フォッカー勲章」を3回受賞。ライバルであるYF-22のテストパイロット ガルド・ゴア・ボーマンが安定した能力を持っているのに対し、能力にはいささかムラがある模様。

作中ではけが人続出のじゃじゃ馬YF-19を乗りこなす、大空に巨大な竜鳥を描く、ミサイルをエンジンを切って回避する、マクロスへの単機タッチダウンと無茶苦茶な腕前を披露。Fの小説版でも圧倒的な腕前は健在の模様。

やっぱりコイツも女好きで手が早い。

 
マクロス史上最高の浪漫パイロット。

とにかく派手だがやや安定性にかけるのではないかと思い3位にしました。

4位 クロレ

主な登場作品:

  • マクロス7 【TV未放映エピソード「最強女の艦隊」】

主な搭乗機体:

  • クァドラン・ロー

概要:

テレビ未放映エピソード「最強女の艦隊」に登場するはぐれメルトラン艦隊の艦隊司令。クロレ艦隊はマクロス7船団の500倍の戦力を誇る。

黄金色のクァドラン・ローを駆り、ミリア・ファリーナをも上回る操縦技術を持つ。ゼントラーディ時代のミリアとはライバル関係であった模様。劇中ではあの熱気バサラのスピーカーポッドを避ける、一撃を加えるなどの活躍を見せる。

マックスとミリアのキスを前にし多少の混乱はするものの、戦意は失わない強靭な精神力の持ち主。その後、突撃してきたバサラの突撃ラブハートに陥落。最後はバンギャさながらにバサラの追っかけになる。

 
バサラに攻撃を当てた人って他にいたっけ?

それだけでこの位置にいる価値があると思うの。

スポンサーリンク

番外 熱気バサラ

主な登場作品

  • マクロス7【TV版】
  • マクロス ダイナマイト7 【OVA版】
  • 劇場版マクロス7 銀河がオレを呼んでいる!【映画版】
  • マクロスFB7 オレノウタヲキケ!【映画版】

主な搭乗機体

  • VF-19改 エクスカリバー 熱気バサラスペシャル
  • VT-1C オストリッチ
  • VF-19P エクスカリバー

要:

マクロス7の主人公。パイロットで最強クラスになれる素質は持っているものの、本業はあくまで歌手なので番外とした。

出自は一切不明、マクロス7船団の船団未登録エリアに居を構え、そこを拠点にゲリラ的音楽活動を行う。バロータ戦役にて自分の歌の可能性に挑戦するため、バンドメンバーで元統合軍パイロットのレイ・ラブロックと通じて手に入れたバルキリーで戦場に殴り込み歌う。当初はまったく相手にされなかったものの、物語を通じて成長したバサラの歌は戦役を終結に導く。

バルキリーの操縦技術は、マクシミリアン・ジーナス、ミリア・ファリア・ジーナスなどの伝説的なパイロットに高く評価されるほど。専用改造された機体、通常の機体を問わず、演奏と歌を同時にこなしながら操縦するという驚異的な腕前を持つ。

暴力を嫌っており、自分の登場する機体にミサイルを搭載することすら拒否する。人命を救うためにミサイルを撃つこともあるものの、後でそのことを悩むほどの武器が嫌い。

 
この人のおかげでロボットもの主人公のイメージがぶち壊されたと思う。

同時期に放送されたエヴァの主人公と比較するとその違いに愕然とした。

スポンサーリンク