【ワールドトリガー】ボーダー内ポジション別強さランキング!!最強は誰だ?【2020年1月更新】

戦術的で緻密な多人数バトルが話題の人気漫画「ワールドトリガー」。

侵略者との戦いも魅力的ですが、主人公が所属する組織「ボーダー」内のランク戦はもっと面白い。

レギュレーション化された武器を使ったチーム戦という形式にすることで、より各人の個性やチーム戦術目立つ戦いとなっています。

スナイパーのみ、シューターのみといった個性的なチームもあれば、実質2人でボーダー1位という驚きのチームもある。

そんな中、ボーダーには未登場含め100人以上という大量のキャラクターが所属しています。

その中での最強は誰だ?という疑問を持ちましたので、オフィシャルデータブックや原作の描写から最強ランキングを作成いたしました。

ボーダー戦闘員のポジションは主に交戦距離により定められますので、ランキングにあたっては、アタッカー、ガンナー・シューター、オールラウンダー、スナイパーの4つに分けて作成しています。

未登場なキャラクターは基本的に除外しています。ガンナーは未登場が多いんでなかなか悩ましい。また、単純な戦闘力というよりは、組織への貢献度や安定性等もある程度判断材料に入れています。

あくまで個人的な主観に基づくランキングなので、ある程度容赦いただけたらありがたいです。

ネタバレも含みますがご了承ください。

スポンサーリンク

アタッカーランキング

まずはアタッカーランキングです。

死地に踏み込み敵を討つ接近戦のスペシャリスト

引用元:ワールドトリガーオフィシャルデータブック

弧月、スコーピオン等のブレード型トリガーを使った接近戦がメインのポジション。

攻撃の主力となるからかボーダー隊員でもアタッカーが一番多いみたいです。

アタッカーは上位がほぼ出揃っているので今後更新はあまりないかなと。

1位:忍田真史

メイントリガー:弧月

アタッカー1位はボーダー本部長、忍田真史。

普段はボーダー本部長として戦闘指揮を担当していますが、アフトクラトルの基地侵攻時にはブラックトリガー・エネドラを撃破しました。

データあり、菊地原のサイドエフェクトのサポートありだとしても、旋空弧月の連打と変態的な回避ムーブでエネドラを追い詰めていく姿は圧巻の一言。

データブックや本編表紙でもノーマルトリガー最強の記載があるのでやっぱり最強はこの人なのでしょうね。

太刀川さんの師匠でもあるそうです。

スポンサーリンク

2位:太刀川慶

メイントリガー:弧月

アタッカー2位はA級1位太刀川隊の隊長、太刀川慶。

大規模侵攻時、A級でも苦戦するラービットやイルガー等の難敵を単独で多数撃破しノーマルトリガーただ一人の特級戦功。

ヒュースを相手に剣術勝負で圧倒し「これだけの剣の使い手はアフトクラトルでもそうざらにはいない」とヒュースに言わしめる剣の腕を持っています。

ソロポイントが8000点あればマスタークラスと言われる中、45961点という圧倒的ランクポイントが何よりの強さの証拠です。

普段は頭ちゃらんぽらんですが、なにげに戦闘指揮も普通にこなせるっぽい。

3位:迅悠一

メイントリガー:スコーピオン、エスクード

サイドエフェクト:未来視

アタッカー3位は玉狛支部の実力派エリート、迅悠一。

ブラックトリガー所持時、太刀川、風間含むA級隊員4人を粉砕したのが印象に強い。

ノーマルトリガーでも未来視を利用した回避や防御力、エスクードを利用した罠の戦い方はすごいの一言。

大規模侵攻時、ヒュースをノーマルトリガーで完封するという実力派エリートの名にふさわしい活躍をしました。

スポンサーリンク

4位:風間蒼也

メイントリガー:スコーピオン

アタッカー4位はA級3位風間隊の隊長、風間蒼也。

通称、小さくて高性能な風間さん。A級3位の隊長として隠密部隊という特殊部隊めいたチームを抜群の指揮能力で率いています。

扱いづらい菊地原も風間さんの言うことならば素直に聞く様子。

迅戦、三雲戦、大規模侵攻のエネドラ戦、ガロプラと活躍の機会も多く、チート相手で勝てない時も確実な強さを見せつけてくれる。

5位:小南桐絵

メイントリガー:双月

アタッカー5位は玉狛支部のA級隊員、小南桐絵。

普段は騙されやすく若干頼りない雰囲気を漂わせていますが、戦闘となると雰囲気が一変。

ワールドトリガーっぽい冷静な戦士に変貌。圧倒的な攻撃力で戦場をかき回します。大規模侵攻、ガロプラ侵攻でも大活躍。

若干17才ながら旧ボーダー時代からの古株で、大人勢を除けば最も長くボーダーに所属している隊員みたいです。

スポンサーリンク

シューター・ガンナーランキング

交戦距離が中距離のシューターとガンナーは同じランキングにしました。

ガンナー:中距離射撃で相手の動きをコントロール

シューター:変幻自在の戦術で翻弄する弾マスター

引用元:ワールドトリガーオフィシャルデータブック

未登場のA級8位、片桐隊長が気になるもガンナー1位とシューター1位は出揃っています。ただし、ガンナー1位の草壁隊の里見隊員はまだ戦闘シーンなしなのでこの順位はある程度予想ですが。

1位:二宮匡貴

メイントリガー:アステロイド、ハウンド

中距離1位はB級1位二宮隊の隊長、二宮匡貴。

トリオン怪獣雨取チカに次ぐ圧倒的なトリオンを持ち、それ活かしたフルアタックが最強といわれるシューターです。

その圧倒的な実力は「まともに打ち合えるのは出水しかいない」、「知ってても防げない」と言われており、そもそも二宮さんに狙われないようにするのが今の主流の対策のようです。

また、昔の二宮さんは力押し主体だったそうですが、今の二宮さんは相手が選んだ戦術、戦い方に応じて真っ向から叩き潰すスタイル。

能力値がトータルで優秀でプライドが高そうな二宮さんらしいですね。メガネに一杯食わされましたが…

隊服がスーツ、キューブをオサレ分割、なぜかランク戦中に雪だるまを作るという戦闘以外の面でも目が離せないキャラクターでもあります。

2位:出水公平

メイントリガー:アステロイド、ハウンド、バイパー、メテオラ

中距離2位はA級1位太刀川隊の出水公平。

トリオン量は二宮に次ぐボーダー第3位、あらゆる弾トリガーを使いこなす天才シューターです。通称弾バカ。

合成弾含め多彩な弾トリガーを活かして戦うその姿はまさに天才の名にふさわしく、なんか適当にやってたら合成弾ができた、ハイレインの攻撃を全てハウンドで撃ち落とす等派手な活躍も目立ちます。

その活躍ぶりは敵将ハイレインをして「部下にしたかった」と言わせるほどです。

チーム事情からか、自分が攻撃するよりも周りをサポートすることのほうが多いのですが、どかどか打ち合う姿もぜひ見てみたいですね。

3位:里見一馬

メイントリガー:アステロイド・ハウンド(アサルトライフル)、アステロイド(ハンドガン)

中距離3位はA級4位草壁隊の里見一馬。

21巻にして突如登場したガンナー1位です。

まだ戦闘シーンはないものの、二宮さんと弓場さんをどちらもタイマン最強言ってしまうようなお茶目で憎めない性格。いい感じの先輩。

洞察力や分析力は確かなものを持っているようで、二宮さんの戦い方を弓場さんの技術で真似という戦法を得意としているようです。

4位:弓場拓磨

メイントリガー:アステロイド(ハンドガン)

中距離戦4位はB級4位弓場隊の隊長、弓場拓磨。

No1ガンナー里見曰くもう一人のタイマン最強。

射程と弾数を削って威力と速さにトリオンをつぎ込んだハンドガンでの早打ちを得意とするガンマンです。

汎用性という意味では他の上位に及ばないものの、入り組んだ地形と近めな間合いなどの条件が整えば二宮さんに有利とれる、太刀川さんとも張り合えるという特化型ガンナーです。

任侠映画から出てきたような風貌、「帯島ア!!」と語尾をちょっと伸ばす等特徴的なキャラ付が目立つヤンキー系ガンナーでもあります。

5位:加古望

メイントリガー:ハウンド

中距離戦5位はA級6位加古隊の隊長、加古望。

バトルシーンはほとんどないものの、ガロプラ戦では中距離線の火力として活躍。

データブックのパラメータ的にはそこまで強キャラではないのですが、特殊戦術の数値がすごく気になる。他のガンナー、シューターが1~4という数値をとる中で1人7というパラメータを持っております。

加古隊は試作トリガー、カスタムトリガーを積極的に導入している部隊のようなので、なにか奥の手を隠し持っていると判断して5位としました。

あとこの人もトリオンキューブのおしゃれ分割する人です。なにか流行りとかこだわりとかあるんでしょうかね。

スポンサーリンク

オールラウンダーランキング

万能タイプなオールラウンダーランキングです。

戦況に合わせてあらゆる役割を担う

引用元:ワールドトリガーオフィシャルデータブック

順位付けが一番悩ましい。

アタッカーやシューター、ガンナーみたいに明確に順位付けがされておらず、上位のキャラはどいつも有能揃い。

ちなみに公式データブックを集計してみたら、嵐山、歌川、烏丸、三輪、木虎、時枝までがほぼ同じ水準でした。

そんでもってここにヒュースも入るという…

なのでより好み重視で3位まで順位付けしてます。

1位:木崎レイジ

メイントリガー:レイガスト、アステロイド(アサルトライフル)、メテオラ、アステロイド(ガトリング)

特殊トリガー:フルアームズ

オールラウンダー1位は玉狛支部のA級隊員にして唯一無二のパーフェクトオールラウンダーの木崎レイジ。

得意技はレイガストパンチという変わり種。

大規模侵攻辺では所持する多数のトリガーを利用した多彩な戦闘を見せてくれました。

筋肉も鍛えているし、特殊トリガーのフルアームズも含めオールラウンダーとしての戦闘能力はNo1ではないかと思います。

2位:三輪修次

メイントリガー:弧月、アステロイド・バイパー(ハンドガン)、レッドバレット

オールラウンダー2位はA級7位三輪隊の隊長、三輪修次。

通称重くなる玉の人。

初登場からダークヒーロー風な雰囲気を身にまとい、大規模侵攻編ではハイライン相手に奮闘した活躍を評価し2位としています。

ど派手な活躍は少ないけれど、全ての技能が高い水準で安定しており、いかにもワールドトリガーらしい強キャラなのではないかと思います。

3位:ヒュース

メイントリガー:弧月、アステロイド、バイパー、エスクード

オールラウンダー3位は玉狛支部驚異の新人、ヒュースを個人的に押します。

二宮さんと打ち合えそうなトリオン量、ボーダー4〜8位の剣の腕という能力を持ち、わずか1日でC級からB級に上がったという実績の持ち主。

まだボーダーのトリガーに慣れていないとのことですが、技術が習熟すればどれほどの強さになるのかと期待してしまいます。

最近のランク戦でも縦横無尽の活躍を見せております。

スポンサーリンク

スナイパーランキング

遠距離から敵を狙い撃つスナイパーのランキング

反撃を許さない超遠距離からの一撃

引用元:ワールドトリガーオフィシャルデータブック

1位:東春秋

メイントリガー:アイビス、イーグレット、ライトニング

スナイパー1位はB級7位の東隊隊長にして最初のスナイパー、東春秋。

自分が戦うというよりは後進の育成を第一としている感があるベテラン隊員ですね。

初登場時は冴えないおっさんだなと思ってしまいました。反省。

壁抜で敵を討つ、メテオラを撃ち落とす等の超絶な射撃技術、逃げに入ったらB級では誰にも捕まえられないというスナイパー技術もさることながら、最大の能力は指揮能力と育成技術。

ボーダーの古参としてかつてA級1位の部隊を率い、二宮、加古、三輪など数々の有能隊員を育ててきた実績を持ちます。

単純なスナイパー技術では当真のほうが上の可能性もありますが、部隊や戦場への影響度・安定性の面からスナイパー1位といたしました。

2位:当真勇

メイントリガー:イーグレット

スナイパー2位はA級2位冬島隊の当真勇。

隊長がトラッパーなので戦闘要員わずか1名なのにA級2位。そんな冬島隊のスナイパー。

風来坊な感じのリーゼント、自由な言動でいかにも天才スナイパーな雰囲気です。

ハイレインのブラックトリガーを前にして「魚を避けて本体に当てるゲーム」という程の実力。訓練でも500m以上遠くから強キャラのみ狙い撃ちし自分は被弾なしと他を隔絶した実力を見せています。

しかし、迅戦では「外れる弾なんか撃てるかよ」といって勝手に戦線を離脱する、訓練で露骨に遊ぶ等、やや個人主義な行動も見られます。

圧倒的な実力を持ちながらも、戦力として不安定な面もあると考え2位としました。

3位:奈良坂透

メイントリガー:イーグレット

スナイパー3位はA級7位三輪隊のスナイパー、奈良坂透。

天才肌のスナイパー、当真とは正反対の堅実派スナイパー。

当真に準じる精密射撃、長距離射撃技術を持ち、「魚を避けて本体に当てるゲーム」にも参加できるほどの実力を持つ

スナイパーの訓練では常に1位。ただ、当真と絵馬は毎回訓練で遊ぶので、本当に1位の実力なのかは謎。

スポンサーリンク

最後に総合ランキング

かなり主観によった内容になりましたが、ボーダー隊員のポジション別最強ランキングは以上になります。

その上であえてポジションを問わない総合ランキングとするならばこんな感じかなと思います。

1位:忍田真史

2位:太刀川慶

3位:迅悠一

4位:二宮匡貴

5位:東春秋

本編の描写だけでなく今回のランキング付では公式データブックがすごく参考になりました。

ちょっと昔の情報ですが、未登場含む全隊員の指名・トリガーセットから各種ランキングまで網羅したすごい本なのでかなりおすすめです。

アニメも新シーズンが決まったそうなので、ぜひまた新しいデータブックお願いしたいです。

スポンサーリンク