【0.28mm】手帳に最適!!激細ボールペン「ジェットストリーム エッジ」のレビュー

大きい手帳から小さい手帳へと切り替えて行く中で、細字ボールペンへの渇望が自分の中でどんどん育っています。

そんな中で定期的に行っている書店行脚の最中にとても良さげなボールペンを発見しました。

2019年12月20日に新発売のジェットストリーム エッジです。

このボールペン、ボール径はなんと驚きの0.28mm!!

油性ボールペン史上再細、世界最小のボール径とのこと。日本の技術者の向上心、技術の追求には頭が下がりますね。

本体価格は1,000円。ボールペン一本の値段とするならば高めですが、高級ボールペンと違いわりと購入しやすい価格。

ジェットストリーム エッジの特徴

  • 世界最小のボール径0.28mmの油性ボールペン
  • メタリックでスタイリッシュなデザイン
  • ジェットストリームながらの書き味は健在
  • 本体5色、替え芯3色のカラーバリエーション
  • いい感じのノック感
スポンサーリンク

ジェットストリーム エッジのデザイン

ジェットストリームといえば個性的なデザインに定評があります。

ジェットストリーム エッジもなかなかに個性的。

スタイリッシュかつメタリックな外観

私が購入したのはシャンパンゴールド。デザインはスタイリッシュでメタリックで直線的。

ジェットストリームは、スタンダードも高級モデルのプライムも曲線的な印象があったのですが、そのイメージとは離れたデザインです。

ペン先に行くほど太くなっていくデザインで重心もペン先にあり、字を書く時に安定しそうな点もいいですね。

グリップ部分は金属で硬いのですが、独自のラインで滑りにくい加工がされています。

スポンサーリンク

極細文字を書くための構造

ペン先を拡大してみるとペン先がこれまた細い。

新開発のポイントアップという技術でペン先に行くほど細くなっていく構造。

ボール径0.7mmのボールペンと比べて見ると明らかに違う。

いかにも細い文字が書けそうですね。

カラーバリエーションは5色、インクは3色

これ以外にもブラック、ネイビー、ホワイトレッド、オレンジの5パターンの本体が発売されています。

ビジネス面での利用を意識した渋めの色が多いのが特徴。

オレンジは限定カラーのようなので気になる方は見かけたら即購入したほうが良さげ。

また、ジェットストリーム エッジ専用の替え芯も同時発売されています。

替え芯のカラーバリエーションは黒、赤、青の3色

好きな色が選べるのはなにげに嬉しいですよね。

他のボールペン本体にも互換性があるみたいなので、そちらをお持ちの方は芯だけ買って試してみるのも良さそうですね。

多色ボールペンに3色入れて使うのも色々便利そう。

 

スポンサーリンク

ジェットストリーム エッジで文字を書く

実際に書いた文字、書き味です。

ジェットストリーム エッジで書いた文字と書き味

ちょうど手持ちで持ってたボールペン4つで書き比べてみました。

確かに細い。激細ゲルインクボールペンの定番、juice upとほぼ同じ細さ。

今後、激細ボールペン界はゲルインクのjuice up、油性のジェットストリーム エッジの双璧になりそうな予感がする。

油性インクとゲルインクの特性上、書き味の柔らかさはjuice upのが上でした。

固めな書き味が好きな方はジェットストリーム エッジ、柔らかい書き味が好きな方はjuice upの使い分けが良いんじゃないでしょうか。

手帳用ボールペンでの用途を考えるならば耐水性や耐久性、インクの長持ち具合からジェットストリーム エッジかなと私は思います。

お気に入りなポイント

書き味や細さとはちょっと違うんですが、ボールペンのノック感がとてもお気に入りです。

押すたびにカチカチカチカチと小気味良い音が響きます。今から書くぞ〜と気合が入る感じ。

机に押し付けて話すと4cm近く跳ね上がるぐらいバネも強い。

もう販売中止になったOHTOのSlim lineというボールペンも同じぐらい跳ねたのですが、押す時に気持ちいいボールペンはやっぱ良いですよね。

機能性とは全く関係ないんですけど、この部分が一番のお気に入りポイントかも。

2019年の最後にとても素敵なボールペンを見つけた

ジェットストリーム エッジの特徴

  • 世界最小のボール径0.28mmの油性ボールペン
  • メタリックでスタイリッシュなデザイン
  • ジェットストリームながらの書き味は健在
  • 本体5色、替え芯3色のカラーバリエーション
  • いい感じのノック感

見つけた瞬間に購入をほぼ決意したジェットストリーム エッジ

使ってみるととても素晴らしい。2019年に購入した文房具で一番良いものだったと思います。

もし書店でジェットストリーム エッジを見かけたら一度試し書きをしてみてはいかがでしょうか。

ジェットストリームながらの書き味、スタイリッシュなデザインとその文字の細さに虜になるかもしれません。

スポンサーリンク