ノートをガッチリ守れる美篶堂のハードカバーケースノートが最高

  • 2020年10月31日
  • 2020年11月16日
  • 文具

最近買った美篶堂のハードカバーケースノートがすごい。

名前の通り、いろんな種類のノートを差し替えながら使えるノートカバーなのですが、極めて珍しいハードカバータイプ。

ハードカバーケースの名前の通りがっちりノートを守れます。

モレスキンとかロディアとかのハードカバーなノートは、たった状態でも書きやすく、長期間使う場合の保護力にも優れているのですが、このカバーを使えばどんなノートも同じ感覚で使える。

バレットジャーナルとして長期間ノートを使う場合、カバーの堅牢性もとても重要なので、1つ持っておくとノートの選択肢が豊富になるです。

スポンサーリンク

美篶堂 ハードカバーケースノートの外観

外観は極めてシンプル。

表面の中央に美篶堂のスタンプがあるだけなので、ビジネスでも十分使えると思えます。

私が購入したのはB6サイズの松葉という色です。

サイズパターンはB6、B5、A5、A4の4パターンで、カラーバリエーションは赤、黒、深緑(松葉)サックス、にぶ桃、からしの6パターン。

ただし、2020年11月現在、サックス、にぶ桃、からしの6パターンは廃版なので在庫限りだそうです。

ちょっと残念です。

ハードカバーケースノートの中身

中はこんな感じ。

180度ピッタリ開くのでノートの開閉を邪魔することはないです。

差し込みは右側に1箇所なので、柔らかい表紙のノートより少しかたいぐらいのノートがいいと思います。

差し込んだらこんな感じ。

ちなみに今回挟んでいるのはノルティノート。

購入すると美篶堂の無地ノートが一冊ついてきます。

このノートの出来がまた良いい。パタッと180ど開くクリーム色の素敵なノートです。

ハードカバーケースノートの差し替え用として作られたものらしく、差し込まない表面の表紙は柔らかく、差し込みになる裏面の表紙はちょっと硬く作られています。

方眼、横罫、無地の3パターンで152ページもあるスグレモノなので、今のノートを使い切ったらこちらに買い換えると思います。

あと、神保町にある美篶堂の店舗ならば好きなタイプのノートとセットにできるらしい。

暇が出たら行って見るかも。

スポンサーリンク