【おもちゃのサブスク】メリット・デメリット・どんな人におすすめなの?

  • 2021年2月17日
  • 2021年2月25日
  • 子育て

おもちゃのサブスクって使うとどんなメリット・デメリットがあるの?どんな人に向いているの?

おもちゃのサブスクとは、定額支払でいろんなおもちゃを期間利用できるサービスです。

比較的新しいサービスですが、最近はどんどん人気が高まっています。

そんな最近話題のおもちゃのサブスクのメリット・デメリット、どんな人におすすめなのかをまとめてみました。
この記事の内容
  • おもちゃのサブスクのメリット
  • おもちゃのサブスクのデメリット
  • おもちゃのサブスクはどんな人に向いているか

おもちゃのサブスクって何?どんなサービスなの?という方はこちらの記事からどうぞ。

関連

スポンサーリンク

おもちゃのサブスクのメリット

まずは利用する立場(お客さん)としてどんなメリットがあるかになります。

おもちゃの選定・調達・廃棄の負担が減る

おもちゃのサブスクを利用すると、おもちゃの選定、調達、廃棄をサービス提供側に委ねることができます。
おもちゃって改めて考えると意外と手間がかかります。
子供の好みや成長度合いから子供が使いそうなおもちゃを選定し、通販やおもちゃやさんで購入し、使わなくなったら捨てて・・・といった手間です。
おもちゃのサブスクを利用した場合、おもちゃはサービス提供会社のプランナーが選んでくれることになり、調達と廃棄もお家で受け取りと返却をするだけなので、かなり楽になります。
スポンサーリンク

プロが選んだおもちゃを使える

おもちゃのサブスクでは、ヒアリングやアンケートした情報をもとに、サービス提供会社側がおもちゃを選んでくれます。
子供とおもちゃのマッチングを仕事としている人が、今までの実績やデータをもとに、最適なおもちゃを選んでくれることになります。自分で選ぶよりも子供に適したおもちゃになる可能性が高いと思います。
また、プロに判断を委ねることで、自分では考えもしなかったおもちゃを子供に与えることができます。
このおもちゃ選びはおもちゃのサブスクのメインとなりますので当然各社ともに力を入れています。
イクプルはおもちゃコンサルタントが、トイサブは業界最大手として圧倒的なデータ量を生かしたプランニングをしてくれます。
関連

ちょっと高めなおもちゃを利用させられる

知育玩具って結構高いですよね。
高いお金出して買っても子供が使わなかったり、すぐに飽きてしまうことが怖くてなかなか購入できない人も多いと思います。
おもちゃのサブスクは定額料金で利用できますので、普段は購入に二の足を踏むちょっと高めなおもちゃを利用しやすくなります。
期間利用なので返さなければ行けないのですが、値段を理由に買うのをためらっていたおもちゃで子供を遊ばせられるのはとてもいい点です。
スポンサーリンク

年齢に合わせたおもちゃを常に利用可能

おもちゃのサブスクを利用するといつでも子供の年齢・月齢に合わせたおもちゃを与えられます。
おもちゃのサブスクでは、1〜2ヶ月ごとにおもちゃを交換しますので、使う玩具は常に子供の成長度合いに適したおもちゃになります。
おもちゃのサブスクの対象年齢となる0〜6の時期は子供の成長が著しく、子供の成長に合わせて都度おもちゃを買い替えていてはお金がいくらあっても足りません。
常に年齢に適した玩具を子供に与えられるのは、子供の健全な成長のためにもとてもいいことだと思いますし、この点はとても大きなメリットだと言えます。

おもちゃの収納スペースが少なくて済む

おもちゃを1〜2ヶ月で交換していくということは、処分しなくとも家にあるおもちゃが増えないということです。
マンションなどの収納スペースが限られている人におすすめです。

おもちゃのサブスクのデメリット

ここからはデメリットになります。

家計の固定費が増加する

当然ですが、玩具のサブスクを利用すると家計の中で固定費が増加します。
サービスの利用料は月あたり数千円なので、年間で考えると結構な金額になります。
兄弟がいたりして複数のサブスクを契約をする必要があったりすると更に増え、軽視できない金額になる可能性もあります。
また、サブスクということでクレジットカードを利用した自動課金、自動振込での支払いが基本となります。
やめるためには明確な手続きが必要となります。ご注意ください。

おもちゃの数・種類の制限

おもちゃが自由に選べないこともデメリットになりえます。
おもちゃをリストの中から選べるサブスクもあるのですが、サービス提供会社側に選んでもらうタイプのサブスクでは、思うようなおもちゃが届かないこともありえます。
プロが選ぶ、サブスク側が選ぶというメリットの裏返しではあるのですが、自分でおもちゃを選びたい人は利用しないほうが無難です。
キッズ・ラボラトリーならば毎月交換可能な上、交換も送料のみで無制限に可能なので、この点が心配な人におすすめです。

紛失時の取り扱い

おもちゃのサブスクでは、通常範囲内の破損や汚損は気にしなくていいというサービスがほとんどですが、紛失時は買取としているサービスが多くあります。
ものを無くしやすい環境にある場合は注意してください。
紛失時の保証付きのサブスクもありますので、気になる場合は保証ありのサービス、プランをお選びください。
ちなみに業界最大手のトイサブは弁償の上限金額が決められてますので安心して利用できます。
ただし、このデメリットを通じて、子供にものを大切にする習慣をつけさせるという使い方もできると思います。

手元におもちゃが残らない

どんどんおもちゃを交換していくサブスクでは、最終的におもちゃは手元に残りません。
兄弟が多くておもちゃを使いまわしたかったり、ものではなくサービスの購入に抵抗がある方にはあまりおすすめできません。

キャラクターものはない

私が確認できている範囲ですが、キャラクターものを中心に取り扱っているサブスクはありません。
キャラクターものが大好きな場合、サブスクではなく普通に購入するのをおすすめします。

おもちゃのサブスクはどんな人におすすめか

メリットとデメリットを踏まえておもちゃのサブスクはどんな人に向いているのでしょうか。

メリット・デメリットのまとめ

まずは今までのおさらいとしてメリットとデメリットを振り返ります。
おもちゃのサブスクのメリット
  • おもちゃの選定・調達・廃棄の負担が減る
  • プロが選んだおもちゃを使える
  • ちょっと高めなおもちゃを利用させられる
  • 年齢に合わせたおもちゃを常に利用可能
  • おもちゃの収納スペースが少なくて済む
おもちゃのサブスクのデメリット
  • 家計の固定費が増加する
  • おもちゃの数・種類の制限
  • 紛失時の取り扱い
  • 手元におもちゃが残らない
  • キャラクターものはない

おもちゃのサブスクが向いている人

おもちゃのサブスクが向いている人はこんな人。

  • 共働きなどでおもちゃを選んだり、買ったり、捨てたりする暇がない人
  • マンション住まいなどでおもちゃの収納スペースが十分に取れない人
  • おもちゃ選びに自信がない、子供にどんなおもちゃを与えたらいいかわからない人
  • いろんなおもちゃや知育玩具を試してみたい人
  • 一人っ子
1つでも条件に合えばおもちゃのサブスクで幸せになれるかもしれない人です。
おもちゃのサブスクの利用を検討してみるのをおすすめします。

おもちゃのサブスクが向いていない人

逆におもちゃのサブスクに向いていない人はこんな人。

  • 子供に与えるおもちゃは自由に選びたい
  • あふれるほどのおもちゃを子供に与えたい
  • おもちゃをよく無くす
  • 購入すること、所有することに満足を覚える
  • キャラクターもの大好き
  • 新品じゃなきゃいや
  • 兄弟や親戚が多い
この条件に当てはまる人は、おもちゃのサブスクを利用しないほうが無難だと思います。
もし、利用を検討する場合、より慎重に検討したほうがいいと思います。

サービスという形式に納得できるのならば利用検討の価値あり

結論です。
どんなサービスにも言えることですが、メリットがあればデメリットがあります。
おもちゃのサブスクの場合、おもちゃのサービスを受けるという形に納得できるかどうかが一つのポイントになると思います。
そこが問題ないのであればデメリットが気にならず、サービスの恩恵を得られ、サブスク利用で満足できるのではないかと思います。

「子供が口に入れたりするし、おもちゃの使い回しはちょっとハードルが高いかな」という人には絵本のサブスクもありますのでそちらはいかがでしょうか。

関連

マイクラでプログラミングを学べる!!

小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

2020年から小学生の必修科目になるプログラミングをマイクラで楽しく学べるオンラインスクールの紹介です。

プログラミングって難しそうという印象が強いですが、マイクラのブロックを使って学べるので、遊びながら楽しく勉強できちゃう。

マイクラだけじゃなく、英語コースや低学年向けのコースもあるので、興味ありましたら一度詳細をご確認ください。

コロナ対策として自宅でできる家庭学習としてもいいんじゃないかなと思います。

マインクラフトが学びに変わる!?楽しく学ぶ!【D-SCHOOLオンライン】

スポンサーリンク